マーメイドドレス「似合わない人」を「似あう人」にだって出来る!

日本人はヒップにボリュームのない方が多く、扁平に見えがちです。

なのでマーメードドレスは似合わないと思っていませんか?実はそうではないので、着たいと思っているならば是非読み進めで下さい!

せっかくなら、自分の好みのドレスを最高の状態で美しく着こなし、自分自慢して下さい。

マーメイドドレスが「似合う人」「似合わない人」

マーメイドドレスは、腰のあたりまで体にフィットさせ、残りの部分を魚の尾びれのようにギャザーやフレアーで広がったドレスです。

マーメイド(人魚)のようなラインを描くことから、「マーメイドドレス」と呼ばれています。

ウエストから腰、裾にかけてのラインをいかに美しく見せるかがポイントです。

女性らしいラインを強調したマーメイドドレスは、憧れる女性が多いでしょう。

今回は、コンプレックスを美しさに変えるテクニックで、マーメイドドレスを素敵に着こなすコツを紹介します。

マーメイドドレスを着たら、おしりの形に違和感

憧れのマーメイドドレスを着たのに、「ズンドウに見える」「おしりが小さすぎてバランスが変」などの問題に直面することもあります。

でも、短めの帯リボンをつけると・・・

マーメイド ドレス 似合う 人

ヒップにボリュームが出るので、ウエストのくびれヒップのボリューム
更にひざの絞りで美しいラインが作れます!

マーメイドドレスおしりが重要

帯をつけない方には、その方に合わせたボリュームのおしりパッドを作成することも可能です。

おしりパッドは、下肢を長く見せるためやヒップ・ラインの補正に使用します。

骨盤をおしりパッドで安定させることで、美しい姿勢と歩き方が実現するでしょう。

ボディラインの出やすいマーメイドドレスは、バスト・ウエスト・ヒップのメリハリをしっかりつけることが大切です。

おしりパッドを使うと、おしりのラインが整うので、セレブのようなオーラをただよわせられます。

キュッと上がったヒップラインを作ることで、ドレスに似合う理想的なプロポーションを手に入れることが出来ますよ。

マーメイド レスを着たいけど、ガリガリに痩せてて似合わない?

マーメイドドレスは、背の高い人やスタイル自慢の人におすすめと言われていますが、諦めないで!!

あなたの体型に合わせたドレスに変えることにより、あなたにしか似合わないマーメイド美人に変身させます!!

しかし、あまりにガリガリに痩せて、細い人は貧相な印象を与えてしまうことがあります。

そんな時は、ボリュームを持たせるために腰パッドやバストアップのマッドを使います。

腰パッドは、ウエストにくびれが少ない方でも、ヒップにボリュームをつけることでウエストを細く見せてくれます。

また、ウエストラインを高く見せる目的でも使えるので便利です。

細い人はドレスと体の間にすき間ができて、腰周りにシワができることがあります。

シワができると、マーメイドドレスがきれいに見えないので、この様な場合もしっかり補正してお直しでビッタリフィットさせます。

3号以下で、20号以上で、サイズがないと言われた方でも、どんなサイズでも対応いたします。

無いサイズは創ります。

あなたの選択肢がない場合は最高の一着を、レンタルでも実現します。

あなたの最高の一着がどんなドレスになるのか?
他のドレスと何が違うのか?

・他社との比較、大歓迎!
・写真もOK!
・ドレスを決めるのはあなた自身!(スタッフは売り込みをしません)

あなたの変わる姿を、確かめにご来店下さい。

胸がないからマーメイドドレスが着れない!

下着のボーンが痛い、締めつけ感が嫌いという方には、ヌーブラがおすすめです。

ヌーブラは、軽い着用感も魅力的といえるでしょう。

胸に自信がない人でも、簡単にバストのボリュームアップができます。

マーメイドドレスに胸がないとメリハリがなく、ラインがきれいに見えないこともあります。

ヌーブラもつけたくないという方もいらっしゃると思います。

ご安心下さい。

下着なしでもドレス自体が補正下着のように作られているので、下着をつけない状態でもしっかりボディラインが美しく作り込まれます。

背が低いけど、マーメイドドレスが着たい!

マーメイドドレスはいろんな雑誌に「身長が高い人におすすめ」という言葉が目に付きますが、身長が低い人は似合わないのでしょうか?

マーメイドドレスは身長が低い人に合わせるには、高いヒールを履く方法があります。

高いヒールでもかかとの太いタイプを履けば、しっかり固定されるので安心です。

しかも、アリアンサ特性のピッタリフィットバンドで靴がパカパカせずに足にぴったり付いた状態で歩けるので不安感なく移動が可能です。

なで肩だとマーメイドドレスが似合わないって本当?

マーメイドドレスを着る時は、いかり肩である方が西洋人の体型に近いということもありイメージ的にドレスに合う体型とされています。

では、なで肩だったら似合わないの?とお悩みの方、
ご安心下さい。

オフショルダーやワンショルダーなどで肩をしっかり有るように見せることも可能です。

エレガントに見せるためにデコルテを広く、空間をもたせるのがポイントです。

上品かつ高貴なイメージになります。

ぽっちゃりでも似合うマーメイドドレスがある!

こちらは以前、ブログでも紹介させて頂いてます。

マーメイドドレスは、上半身からひざにかけて体にピッタリ沿います。

雑誌でマーメイドドレスを着こなしているモデルは細く、優雅でゴージャスです。

では、ぽっちゃりの人は、マーメイドドレスを着れないのでしょうか?

実は海外ではぽっちゃりさんこそ、マーメイドなんです。

ボリュームのあるスタイルは、女性らしさの象徴でもあります。

しかし、既にバスト、ウエスト、ヒップサイズの決まったドレスの場合、ただの寸胴なドレスになってしまうため、似合わないと思われがちなのです。  

そもそもマーメイドドレスは日本人に似合わない?

今の若い女性の体型が欧米型に近付いているとはいえ、元来ドレスは西洋のイメージの強い衣装です。

ドレスを日本人が美しく着るためには、ドレス自体にも仕掛けと知識が必要です。

隠したいと思っていたところが実はすごく魅力的に見せるポイントだったということもあります。

マーメイドドレスのシルエットを作り出すのはあなた自身の体型だけではなく、その体型を包むための器、つまりドレス自体のライン構成が重要なポイントなのです。

マーメイドドレスに限らず、ドレスは「着たらそれで完成」ではありません。

試着にいらした時、立ち方、細見えポージング、プチ撮影会な感じでの楽しい時間をお過ごしいただけます。

ドバイやパリでファッションショーで海外でも大好評を得た、ドレスデザイナー上田恵衣香がLINEで直接対応致します。

夜中でも、気になるときにいつでもLINEして下さい💖

デザイナー上田惠衣香が直接対応する

アリアンサ公式LINEは➤こちらから